プロフィール

ちこちこ

Author:ちこちこ

リノ


 ★アル★
享年8歳10ヶ月
2006年9月27生
2015年7月13日お星さまになりました

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルちゃんと病院とごはんの関係

火曜日まで調子の良かったアルちゃんが、水曜日晩また調子悪くなる。
ウンPもゆるゆる水下痢。
う~~ん・・・。いったい何だろう。
ごはんも食べにくそうにしてるし。

木曜日朝は抜いてみた。仕事から帰ってきてご飯を用意。
フードをふやかして、あげてみてもプイっと。
でも、食べたそうにしてるんだ・・・。
時間を置いて、もう1度食べさせると少しずつ食べる。薬も飲ませた。

その後、トイレに行ったので付いていくと、また水下痢。
アルちゃんもシンドそうにしてるし・・・。

金曜日、今日病院に予約を入れてたので、行く予定だった。
そう針生検をするはずだった。
でも、私の中に迷いが生じて、踏ん切りがつかず。

そもそも、このお腹壊してる原因は?
お腹の中の見えない十二指腸に針を本当に確実に刺せるのか?
それは安全なのか?破裂とかしたり出血したりしないのか?

いろんな情報や本を読んでも100%安全ではないし、
開腹するなら針生検は意味がないともいうし・・・。

私はお腹の下痢を治したいのだ。
これはセカンドオピニオンだと思い、違う人の意見を聞こうと思った。

その前に、犬の手づくりご飯に詳しい人にすがる思いで聞いてみた。

「まず、ドックフードをやめる。そして犬は飼うのじゃなく育てる」

フードは完全手作りを進められたので、朝から作ってみた。

今飲ませてる薬が「菌を殺す薬と、整腸剤」なので、
菌なんていないし薬も止めてみることにした。

朝、教えられたとおりのごはんを食べさせる。

え??食べるの!?

なんと、美味しそうに完食!!
これは、もしかしていいんじゃない!?

ウンPも、すこし緩いが下痢じゃない。

そして晩ももちろん手作りごはんにする。



IMG_3265.jpg

作ってる間も、そわそわ。
後ろで待ってるの久しぶりだわ。





IMG_3266.jpg



ごはんを置いた瞬間から、食べる食べる!

ペロっと完食してくれました。


なので、しばらくは手作りごはん続行決定!




病院には、お腹の調子が悪いので今日は針生検やりませんと連絡する。

その後すぐ、担当医から電話がありアルちゃんの様子を聞いてきた。
針生検の事、開腹の事いろいろ話たけど、やはり躊躇してることも言った。

要は、針生検をすれば、確実な細胞は取れないけれど、悪性か良性か判断はできる。
良性であれば薬治療できる。悪性なら開腹して取れるところなら取る。
取れなければ、そのまま閉じて抗がん剤。
そう、悪性なら癌なので、取っても取らなくても抗がん剤なのだ。

え?今、元気なんだけど?弱ってないんだけど・・・。
ご飯食べないだけだよ?このお腹壊してるのって癌なの??

そんな心配や疑問を担当医に話すと、「腫瘍からかもしれないし、なんともいえない」と返事。
3月からずっと病院に通ってて、心臓が悪いって言われてアルブミン値も低いって言われ。
その後、アルブミンも正常になり、他の数値も正常だよ。
ただ、お腹だけ一応調べようってことだった。
で、15日から下痢をしだして、いきなり癌なの???

担当医曰く、とりあえずお腹の調子を整えるのが先なので、
少し様子を見ましょうといってきた。
フードが合わない可能性も指摘されたので、解りましたと答える。

薬は心臓の薬のみ。下痢の薬は飲ませないことにした。





今現在、すこぶる元気です。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
いきあたり、ばったり
日々のひとりごとなどです。
ぶろぐ村
ブロとも申請フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。