プロフィール

ちこちこ

Author:ちこちこ

リノ


 ★アル★
享年8歳10ヶ月
2006年9月27生
2015年7月13日お星さまになりました

ブログ村

たくさんのメッセージありがとうございました。

雨が続いたり、台風が来り、お天気もあわただしいですね。

このたびは、愛犬アルちゃんの為に、たくさんのメッセージを頂きありがとうございました。
本来ならば、個々にお返事をするべきなのですが、どうぞ不義理をお許しくださいませ。

この場を借りて、皆様に感謝いたします。ありがとうございます。

ブロ友の皆様の心温まるメッセージを読み返し、
流れる涙を拭うこともなく、ただただ、感謝の一言です。
一度もお会いしたこともない皆様なのに、こんなにも心強い存在であることに勇気づけられ、
そして、同じ痛みを分かち合って下さり、アルちゃんの為に祈って下さったこと。

本当にありがとうございました。


IMG_3357.jpg



本日アルちゃんの初七日でした。
やっと、浅い息から深い息ができるようになりました。
ここ何日か、前しか見ず、振り返る事をしませんでした。
考えることをすれば後悔しかないので、
「無」の状態を作り出すことで自分の精神状態を保っていました。

そんな「無」の状態でも涙は枯れることなく、絶えず流れ出し
道を歩いてても、流れ落ちます。
仕事中、食事中、通勤中、どこででも流れます。

部屋に帰れば、アルちゃんの姿を探してしまいます。
ベットに入れば温もりを探します。
お風呂に入ればガラス扉に映るアルちゃんを思い出します。
どこで何をしてても、アルちゃんの姿を思い出してはキリキリと心が痛みます。

ワンコと一緒に暮らすことは喜びもたくさん与えてくれて、
悲しみもたくさんくれるのですね。
そうして人は強くなっていくのでしょうか。




小さくなったアルちゃんの遺骨の一部を持ち歩けるようにしました。
初めて、職場に連れて行きました。
おかあちゃんの仕事ぶりを見せるのは照れくさかったですが、
いつも一緒にいれるので、喜んでるのではないかと。

私もポケットの中にアルちゃんがいてるので、妙に心が落ち着き、
安心して仕事ができます。
「アルちゃん、ちょっと忙しくなってきたわ」
「アルちゃん、お腹減ったな」
「アルちゃん、休憩いこうか」
小さく呟く私に、スタッフたちも「一緒につれていってあげてください」と声をかけてくれます。

なので、いつも横にいる感じなので、あったかい気持ちになります。
部屋に帰れば「ふう、やっと部屋についたね、おつかれさま」
今日も一日疲れたなあ~なんて話しながら祭壇の横に置いて。



今日は大好きなプリンや、クリスマスの日こっそり食べちゃたお肉、
そしておかあさんの大好きなユリの花。
お線香のにおいに負けないくらいユリの香りが漂ってます。

アルちゃんの香りや、毛の柔らかさ、
ずっと、忘れることはないでしょう。

思い出になるのは、まだまだ遠くて、
それでも前を向いて歩いていこうと思っています。


IMG_2790_20150719104302b5d.jpg




本当に皆様ありがとうございました。















ご報告

IMG_3326_2015071408184759b.jpg

昨日の朝,病院に行くときのアルちゃんです。

笑顔のとてもかわいい子。


2015年07月13日

8歳9か月

虹の橋を渡りました。

最後まで、我慢して我慢してがまん強い子でした。

応援して下さった皆様に心から感謝いたします。

まだ心の整理も、なにも出来ない状態ですので、

落ち着いたら、改めてアルちゃんの事をお知らせしたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

これからアルちゃんと共に。

IMG_3310.jpg

おかあちゃんの枕の上にお尻を置いてるアルちゃんです・・・。
くっさいお尻をのせてます・・・。
この後、枕を裏返して寝たワタクシです・・・。

アルちゃん、痩せました。体重8.8キロでした。リノちゃんと変わりません。
下痢が続いてるので、どんどん痩せていきます。
食べてもすぐに下痢です。
すこし形のあるPで安心したら翌日また水下痢です。

今日、いつもの病院に行きました。
月曜日に予約を入れるつもりでしたが、昨晩先生から電話があり早い方がいいと。
朝いちばんに自転車で行ってきました。
2日続けてお出かけなので、なんとなく嬉しそうな表情です。
でも、キャリーバックを持ってるので、病院とわかったみたい。
おとなしく、自転車に乗ってくれました。

IMG_3314.jpg

診察を待つアルちゃんです。
椅子の上で寝てます。
今まで、一度も病院でこんなポーズを取ったことはありません。
しんどいんだよね。

今日は、血液検査、尿検査、蛋白検査
そして、針生検。十二指腸をエコーで見ながら針で刺します。
1時間くらいかかるので、ワタクシ気分を落着けるため外でジュース飲んでました。


針生検は無事終了しました。
大学病院からの正確な答えは1週間後です。
ただし、針生検なので細胞でだけの判断です。
100%の正確さは切除で生検だそうです。

病院での答えは出ています。

これからアルちゃんと一緒に闘病生活に入ります。
泣いてばかりのお母ちゃんの顔をペロリペロリと舐めてくれます。




余命宣告を受けました。




なので、しばらくブログが書けないかもしれません。
つなビイは続けますので、そちらがメインになると思います。

頑張ります。






セカンドオピニオン

IMG_3308.jpg


6月15日から、おなかの調子が悪くなり、もうすぐ1か月。

一進一退を繰り返しながら今日まできた。

2日前から、また調子が悪くなる。

ごはんをあげても食べない。欲しそうにはしてるんだけど。

で、今日違う病院へ。

朝イチ、タクシーを止めようとするも、タクシーなんて通ってないし。

走ってるときは、バンバン走ってるのにね。

こりゃ、もう自転車だな。

で、自転車にアルちゃんを乗せて、4キロ!先の病院へ。

今日は、大阪蒸し暑くて、私もアルも大丈夫?と心配しつつ行ってきたわ。

今日行く病院は、隣の区の「腫瘍」が得意な病院。

違う先生の意見も聞きたいのでここを選んだ。

かかりつけの病院の診断結果を見せて話をする。

結論から話すと。

「かかってる病院の診断結果と同意見」

とてもわかりやすく説明してくれる先生で、

「心臓病と、下痢を起こしてる今」は別で考えること。


心臓も悪い、お腹悪いではなくて、

お腹を先に治すことを優先すること。

かなり長い時間話を聞いてくれた。

不安要素を取り払ってくれた。

診察内容は、いい答えではなかったけれど

納得できた。

家に帰ってきて、かかりつけの病院へ予約を入れる。

主治医がオペ中なので、ただ今連絡待ち・・・・。

フードボールとごはん。

アルちゃんの手作りごはん。

器も陶器に変えたかったので、仕事帰りにブラブラ探してきた。

なんか、お洒落な器が見つかった♪



IMG_3284.jpg





IMG_3286.jpg

ごはんを入れたら、人間用?

おかあちゃんの体調悪い時の食事みたいだよ~。


IMG_3287.jpg


手作りごはん6回目。

なんと、アルちゃんのうんPが戻りました!!

すばらしい~~~~~!!

やはり、フードに原因があったのかしら?もしくは薬??

しばらく、ご飯を続けて体調が完全に戻ったらセカンドオピニオン。



アルちゃんと病院とごはんの関係

火曜日まで調子の良かったアルちゃんが、水曜日晩また調子悪くなる。
ウンPもゆるゆる水下痢。
う~~ん・・・。いったい何だろう。
ごはんも食べにくそうにしてるし。

木曜日朝は抜いてみた。仕事から帰ってきてご飯を用意。
フードをふやかして、あげてみてもプイっと。
でも、食べたそうにしてるんだ・・・。
時間を置いて、もう1度食べさせると少しずつ食べる。薬も飲ませた。

その後、トイレに行ったので付いていくと、また水下痢。
アルちゃんもシンドそうにしてるし・・・。

金曜日、今日病院に予約を入れてたので、行く予定だった。
そう針生検をするはずだった。
でも、私の中に迷いが生じて、踏ん切りがつかず。

そもそも、このお腹壊してる原因は?
お腹の中の見えない十二指腸に針を本当に確実に刺せるのか?
それは安全なのか?破裂とかしたり出血したりしないのか?

いろんな情報や本を読んでも100%安全ではないし、
開腹するなら針生検は意味がないともいうし・・・。

私はお腹の下痢を治したいのだ。
これはセカンドオピニオンだと思い、違う人の意見を聞こうと思った。

その前に、犬の手づくりご飯に詳しい人にすがる思いで聞いてみた。

「まず、ドックフードをやめる。そして犬は飼うのじゃなく育てる」

フードは完全手作りを進められたので、朝から作ってみた。

今飲ませてる薬が「菌を殺す薬と、整腸剤」なので、
菌なんていないし薬も止めてみることにした。

朝、教えられたとおりのごはんを食べさせる。

え??食べるの!?

なんと、美味しそうに完食!!
これは、もしかしていいんじゃない!?

ウンPも、すこし緩いが下痢じゃない。

そして晩ももちろん手作りごはんにする。



IMG_3265.jpg

作ってる間も、そわそわ。
後ろで待ってるの久しぶりだわ。





IMG_3266.jpg



ごはんを置いた瞬間から、食べる食べる!

ペロっと完食してくれました。


なので、しばらくは手作りごはん続行決定!




病院には、お腹の調子が悪いので今日は針生検やりませんと連絡する。

その後すぐ、担当医から電話がありアルちゃんの様子を聞いてきた。
針生検の事、開腹の事いろいろ話たけど、やはり躊躇してることも言った。

要は、針生検をすれば、確実な細胞は取れないけれど、悪性か良性か判断はできる。
良性であれば薬治療できる。悪性なら開腹して取れるところなら取る。
取れなければ、そのまま閉じて抗がん剤。
そう、悪性なら癌なので、取っても取らなくても抗がん剤なのだ。

え?今、元気なんだけど?弱ってないんだけど・・・。
ご飯食べないだけだよ?このお腹壊してるのって癌なの??

そんな心配や疑問を担当医に話すと、「腫瘍からかもしれないし、なんともいえない」と返事。
3月からずっと病院に通ってて、心臓が悪いって言われてアルブミン値も低いって言われ。
その後、アルブミンも正常になり、他の数値も正常だよ。
ただ、お腹だけ一応調べようってことだった。
で、15日から下痢をしだして、いきなり癌なの???

担当医曰く、とりあえずお腹の調子を整えるのが先なので、
少し様子を見ましょうといってきた。
フードが合わない可能性も指摘されたので、解りましたと答える。

薬は心臓の薬のみ。下痢の薬は飲ませないことにした。





今現在、すこぶる元気です。


カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
いきあたり、ばったり
日々のひとりごとなどです。
ぶろぐ村
ブロとも申請フォーム
カウンター